がんばっている転職活動で「自分はこれまでこのような職・・

詐欺|いい転職をしようと転職活動中に、「自分は今までずっ…

励んでいる転職する活動の際、「私は今まで、このような種類の仕事をしてきました」「今までにこういったスキルを得られました」と過去の成功体験などをよく伝わるようにアピールする人はときどき見かけます。でも、転職希望する再スタートを図る会社で「可能ならばこういったことをしたい」「これこれの業務内容ならぜひ貢献できるに違いない」と未来の姿を話して自身を売り込むほうが過去を語るよりも聞き手からの反応は良いものになります。この点を意識して、転職活動をがんばってみてください。

転職活動をする際に気を付けたほうがよい求人情報は、そこまできつくなさそうな仕事なのにも関わらず給料が高めで・・

就職するため職探しをする際に注意すべき求人内容は、そこまできつそうな仕事内容ではないのに給料が高く、拘束される時間が長めのものです。こういった募集の場合、給料に『みなし残業代』を含んで計算している場合がとても多いです。みなし残業代は、『みなし』ともいわれ、例えばですが、30時間、45時間という感じで求人の記載内容に時間が併記されているものです。これは、毎月これだけの残業が発生する可能性があるので、事前に給料形態に残業代を組み込んで計算しておくということです。(なお、これは合法です)仮に求人に『みなし残業代20時間込』と表記されていれば、「記載時間分の残業代を入れた場合、これだけの給料になります」という話になります。けれども、悪質なブラック系の求人ではこの『みなし』をわざと記載していないこともザラですので気を付けてください。

女性が再就職する場合、今現在とセクハラが問題視される前・・

女性が転職するに当たり、数年前と現在と少なからず、変化があるといいます。前は面接のなかで、結婚の予定や出産後の方針などについて、ごく当たり前に質問されることが多々ありましたが、最近では、セクハラとして質問を避ける会社が増加傾向にあります。そしてまた、とりわけ大きな会社ほど、神経質になっています。でも実際、面接する側としては、はい・いいえ、で返答するのではなく、その人の価値観結婚後も働きたい、育休の取得が必要なのかどうかなどを知っておきたいとは思っている事でしょう。自らの考えを理解してもらうためにも、志望動機や自己ピーアールとともに表現することで、企業側にも認識してもらえ、安心してもらえると思います。ですから、聞かれていない部分も、あなたの方から気遣いながら答えておくとよいでしょう。

転職する際に、ウェブを介して就職斡旋してくれる業者(エージェン…

転職において、インターネット上で就職斡旋してくれる「エージェント」を利用する手もありますが、もしあなたがそのようなところに登録し、めでたく就労先が見つかったとしても、失業保険の給付を受けることはできません。ハローワークを通さずに就職が決まったとしても給付を受けられないので注意する必要があります。これに対し、「ハローワーク」によって斡旋された会社に就職したときは、就職用の準備金として、「一時金」を受け取れることになります。ウェブ上の斡旋業者(エージェント)は、公的機関ではありません。単に斡旋の報酬として企業から紹介料をもらうだけで、失業保険とは無関係です。これを知らない場合は、失業中にお金が入ってこなくなるので、そうならないように気を付けましょう。

今では、株・不動産投資などといった不労所得を得たり、…

この頃では、株・不動産投資の不労所得で生活資金を得たり、起業といった生き方も増えています。そういったような変化に伴い、「自営業は安定しない」といった考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長時代においては、先行きがみえない個人事業よりも組織の一員のほうが大いに安定性があり、人生の「花形」としてまたそれが当たり前であるかのように、社会に認知されていました。そんな成長期は終わり、今のような時代は「成熟期」といった名称で表現されています。今後は、コンピューターの発達とともに、機械化や自動化が進み、仕事でも人を不要とする社会になっていく、と言われています。

転職活動をしていると、「年収」に関しての話題は必ず出ます。

就職活動において、年収は大変重要なポイントです。ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について尋ねられます。実際の年収より多く言って、多額の年収を確保しようと試みても、無駄でしょう。なぜかといえば、最終的には源泉徴収を提出しなければいけないので、一度は信じさせたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結局はウソがバレてしまいます。ときにはトラブルを引き起こすこともあるので、現職での年収を正直に伝え、それに釣り合う希望年収を設定するのが一番良いです。なお、年収400万の人が急に年収500万になるようなことは普通はありません。たとえば、年収が400万なのであれば、希望は400~450万円であると転職先に伝えておくべきでしょう。ウソの申告は転職活動後のトラブルだけでは済まないこともあり、入社後のトラブルとなって、せっかく入社したのに退職せざるを得なくなるおそれもあるので、注意しましょう。