どうもスマホを見ればネットで見られる世界にはいわゆ・・

近頃はPCを見ればインターネット上には、いわゆる「転職に役に立つサイト」と呼ばれるも…

  • 最近PCやスマホを使えばわかるけどネットのエリアには、転職情報を掲載している「転職サイト」が数多く存在しています。その多くのサイトから自分自身にあった転職先と思えるのを探すためにも、とりあえず情報収集から始めましょう。このような転職サイトをきっちり使いこなすことで、満足度の高い転職先を探せます。最新情報が満載で、転職希望者にとって役立つ情報満載の「転職サイト」もありますが、それとは対称的なサイトもあるので、注意が必要です。はじめは、信用できるサイトかどうかを見極めることが大事ですから他と比べつつ、しっかり確かめてみてください。
  • 詐欺|転職をする場合でほぼ100%投げかけられる質問が前の職を辞職し…

  • 転職をする際に面接でかなり高確率で尋ねられるのは前職を辞めた経緯についてですが、この質問に答える際には話の内容を辞めた会社にしない方がベストです。退職するに至った経緯を中心に話をすると必然的に悪い印象を与える要素を伴った面接に進んでしまいます。どのように面接を進めていけば良いかと言うと、前の職場を辞めたのはこの会社になにがなんでも入りたかった理由があるといった感じの話に向けていくということで、自己アピールもかねて今、自分が面接している会社の方に焦点を当てるべきなのです。転職理由でも、今面接をしている会社のことであれば積極性を前面に押し出した前職を辞めた理由になります。
  • 詐欺|転職したいと考えている会社で会社見学などがあるとたいへん勉強になります。

  • 転職しようと考えている会社で見学しておけば、かなり勉強になります。そのなかでも「職人」さんがいる会社では、スキルを間近で見られて楽しめます。ですが、残念なことに「職人」がいる会社見学では見学者にはほぼ例外なく、本来の現場を見せることがまずありません。典型的なのは、ブルーワーカーといわれる肉体労働などの分野です。この業種では、独自の感覚を持つ人が多いので実際に入社しないと、本来の姿は伺えません。なので、見学内容イコール仕事現場、と解釈しないことがとても良いです。それに加えて、会社見学時に実際に仕事を体験させる会社はとても危険ですから良い会社とは言えません。正規雇用が結ばれていない場合、問題が発生したとしても、それに対する保障はありません。万が一、勧められても丁重に断るのが無難です。
  • これはシフトの仕事に関する話なのですが、決まった・・

  • これはシフト制の仕事に関する話です。毎週、同じ曜日に勤務できる人を募集している求人をよく目にするのですが、休む方法やシフトの出し方については面接時に尋ねておいたほうが良いです。それはどうしてかというと、私自身、出産のため休む人の代わりに正社員としての仕事をはじめたのですが、そこでは、「土曜、日曜」固定のシフトだったのですが、新しく入った私以外だれも出てくれませんでした。産休に入った前任の女性が土日は必ず出勤していたので、私自身もそういった形で扱われたしまいました。実際「土日」に外せない用事が入った場合、シフト変更を出す必要があり、上の人に私の代わりに出勤してもらえるように、と自分でお願いしなくてはいけませんでした。立場も給料も同じなのに土日を1人の人に任せるって・・・思い出す度、本当によく我慢してやってこれたと思います。
  • 転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでにまだ期間がある場合・・

  • 今年中に転職活動を始める際に次の仕事を始めるまでに時間があるのなら、できれば「失業手当」をもらっておくことをお勧めします。現在の会社がきちんと雇用保険を払っているところであれば、申請をすれば誰でも失業手当を受け取れます。そして手続きについては、「ハローワーク」で行う必要があります。自己都合で仕事を辞めた方は失業手当を受け取るまでに3ヶ月掛かりますが、会社都合や残業時間によっては即、受け取ることが出来たりもします。受け取れる「失業手当」の額は、最後に働いた月の給料がもとになって手当の額を算出されるので、企業に繁忙期や閑散期がある方は理想的なのは「繁忙期」のあとに辞めるのが失業手当を受け取る上ではお勧めです。
  • 転職は、最初の第一歩は企業とのやりとりよりもどちらかと言えば面接係員…

  • 転職とは、希望している企業そのものより、人事や採用担当の面接係員とのやり取りが大事です。面接官に良い印象を与えるために、第一歩として面接の時間になる前に冷静に対応することを心がけましょう。たとえばお見合いをする気持ちで向かうと緊張がとけるかもしれません。面接官に対しては第一歩としてあなたの人となりを判断してもらうのでマイナス評価につながりそうな見た目や言動は注意しゼッタイに避けましょう。そしてモラルある社会人らしい綺麗に整った服装を意識してください。ある意味のオーラを感じさせることが大事になります。面接官に企業に採用したい人材と認識されれば、良い結果で転職活動を終えることができるでしょう。