もしも転職をするなら転職前に「資格」を取得しておくと有利になります。

もしも近い将来、転職するのなら、先に資格を取るとステップアップします。

  • もしもあなたが転職される場合は、事前に「資格」を取っておくと選択肢が増えます。また、現在の仕事をしているあいだに資格を取得するのがベストです。転職の際にそれを有効活用できるので、新たな仕事を見つけやすくなります。ですので、資格取得するなら、在職期間中にもっとも最適です。もしもあなたが将来を考え、次の仕事に必要な資格を取得しておくと、現在の職を辞めた後も心残りなく仕事を探せます。それにプラスして、資格取得後は面接時に面接官に即戦力になる人材だと判断され、待遇も良くなる可能性が高いです。

    転職する場合、然るべき準備は必要です。

  • 転職活動をスムーズに行いたい場合、然るべき準備は不可欠です。準備といってもたくさんあるのですが、とくに、身だしなみ、に含まれる服装は気になっても仕方がないと思います。でも、今の採用面接に関しては形式ばらない服装が多い企業があるので、しっかりビジネススーツを着て面接に赴く必要はありません。とくに会社の創設して間もない会社などは、柔軟な考えをしていることが多く、私服の方が相手に好印象を与えられます。さらに、正装でないので、堅いイメージを与えないのでフランクに話ができるメリットも。また、私服を見せるたことで時には面接時にファッションの話題に発展しやすいので、うまくいけば担当の人から気に入られる期待もできます。これから転職は会社の「創立した年」で選択し、(ベンチャー系企業相手の)面接時には私服で勝負するのも良いかもしれません。

    転職活動を行うとき、事前にインターネット上で求人サイトを見たりして…

  • 転職を行うとき、まず、インターネット上で求人サイトを見たりして興味のある会社のチェックをするはずです。とはいっても、当該会社が情報を載せる際には、コンサルタントが主導していることが少なくありません。コンサルタントは、会社にとって都合の悪い情報を隠す能力に長けています。たとえ公開する場合でも曖昧な表現を使ってうまくごまかそうとします。そのような類の企業の「社長インタビュー」や「社員情報」については半信半疑で聞いている方がいいです。もしも言葉を額面通りに受け止めてしまうと、こんなはずではなかったと気が付くことになることが多いです。悪意ある会社は、素直な人間を効率的に集めて、その後、様々な言いがかりをつけて退社させないように画策しています。その手の「ブラック企業」の求人には充分に注意しましょう。

    詐欺|働くのに派遣会社に登録する人が規制緩和以来、増えています。

  • 派遣会社に登録して働く人が近時は増加する傾向にあります。派遣社員として働く予定があるなら、派遣先の企業から支払われる一時間あたりの報酬がいくらで、どのくらいの金額(割合)、自分のもとに入ってくるかをなるたけ面接の際に確認しておいた方がいいでしょう。派遣業は、人手が必要な会社に人材を派遣し、その見返りに、手数料を天引きするシステムなのですが、現場に派遣される労働者の取り分をうやむやにしているケースが少なくありません。50%以上の額を還元しているのであれば、比較的よいのですが、中には開示すらされない派遣業者も少なくなく、悪い派遣会社では、2割しか労働者に還元しないということも多いです。面接時に、真摯に返答してくれない派遣業者は、不都合な点を何も教えない傾向が強いので、可能な限り異なる派遣業者で登録されることをおすすめします。

    一昨日転職の準備をしようと人材紹介会社に登録に足を運びました。

  • 昨日転職先の会社を探すために人材紹介会社に登録に行きました。登録するときのカウンセリングをするために現れた担当の方が見た感じ会社に入って間もない社員のようで、私が伝えたいことの3分の1もその社員は理解できていない模様。おまけに「キャリアデザインが全然ですね」とか「もっと強みと弱みを明確化しておくことが大事でしょう」とか、知ったかぶりに横柄にしゃべるからとても不快でした。カウンセリングをする人はそれなりには社会人経験がある方にしてほしいと感じます。

    そのうち転職活動しようと思うのなら、現状の業務の何が気に入らないのかを…

  • これから転職しようと思うのなら、直近の職場・業務の何に不満があるのかを明確にしておいた方が良いです。当然できていると思うと、意外とそうでないのです。そもそも気に入らない点が限界に達しているから転職したい、と考えるのは分かります。しかし「ちゃんと現在ある人間関係などの客観的に考えた満足できない点を挙げる」ことが出来ている人は少ないものです。不満点を明確化し、解消されるならば、現状より悪化する事をあるでしょうがどこまで許せるかも考えましょう。この点を徹底しておくと転職選びでのミスを防げます。そのあと、仕事を変えることで「どういった事がマイナスになるだろうか」をしっかり想像してみましょう。転職がスムーズに叶えられたとしても、現状の問題が全て解消されるとは限りません。こうした整理をする事で、転職後の急激なモチベーションの低下は抑えることは可能です。