日本には古来より「石の上にも三年」という教えがあります。

昔から”石の上にも3年”という生きていくうえで戒めとなるべき言葉があります。

  • 日本には古来より”石の上にも3年”という教訓があります。1998年に派遣法において対象業務が自由化したとともに「転職」を経験する人が増え、一般的な事柄となってきています。が、当たり前に転職が可能だと思い込み甘い考え方は禁物です。実際に転職しようと考えるなら、まずは適した時期を図る必要があります。とりあえず、今やっている職場、や自分の置かれている立場などについて、なにが嫌なのか、5~10個ほど、リストアップしてみてください。其れによって再就職がスムーズになるはずです。そしてあなたが、いつか決断した時には躊躇することなく、よりキャリアアップできるように、進めることも大事です。

  • 転職時の面接では、正直さが仇になることがあります。

  • 転職時の面接で人事から「転職理由は?」といった形で、かなりの高確率で聞かれます。このとき、どれだけ正論だと思っても、前の職場の人づきあいや働く環境についての不満に受け止められる返答は、できるだけ控えたほうがいいでしょう。なぜなら、そのような内容をうかつに喋ってしまうと、採用される可能性を逃してしまうことになります。ですから面接時は、「前向き」な内容に徹底することが重要で、実際の理由とは違っていても、「新しい職場においては、自身の能力を十分に発揮し、また、さらなるキャリアアップを図りたいと思っています。」のようなアピールの仕方が求められます。

  • 詐欺|転職サイトは有名なサイトの方が掲載される求人情報が豊富なため…

  • 「転職サイト」は、大手企業が運営しているもののほうが、多くの転職情報が掲載されているため、2~3社ほどまずはウェブサイトに登録しておいて、希望する勤務地や年収に対して条件を設定しておき、加えて条件に合った求人情報が自動的に通知されるように設定しておくと容易に情報を集めることが可能です。でも、最初だけは登録するのに非常に労力を要するので、サイト登録前に「履歴書」「職務経歴書」を作成しておき、さらにそれらをテキストファイル化して、コピー&ペーストする形で登録しておくと手間が減って便利です。登録を行う初回時、少々時間がかかることから、案件の検索と応募だけでも大変ですが、その後は、新着の求人情報だけチェックすればいいので、後のことを考えれば、初回にきちんと準備することを心がけてください。

  • 最近、ウェブ上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、…

  • 最近、インターネットの就職斡旋エージェントの中でヘッドハンティングの請負をビジネスとする会社も増加しています。あなたに特許権取得の経歴があるなら、連絡を受ける可能性が高くなります。彼らは、特許申請を行った人に限らず、研究開発で論文を出したことのある人や、「マスコミ」によって注目を浴びた人など、何かしらの「功績」を残したと思しき人をターゲットに、電話やメールで連絡を取り、ヘッドハンティングのネタにしようと画策しています。もしも、あなたがヘッドハンティングと思われることを言われたなら、そういったことが無かったか思い出してみましょう。かなりレアなケースでは、ヘッドハンディングだと思わせて、登録料を要求してくる会社もありますが、その手の会社はおそらくはサギであるので注意しておきましょう。報酬を支払わなければいけないのは登録している会社で、転職希望者がお金を支払う必要はありません。

  • 詐欺|以前は、「転職サイト」を利用するより、「ハローワーク」で探していました。

  • 今までは、新たな仕事を探す時は「ハローワーク」で仕事を探していました。というのも大手「転職サイト」は、なぜか都会や大手の求人がほとんどだからです。そのため、転職活動をする際は、「ハローワーク」ばかり使用していました。掲載されているいくらか知名度は低くなりますが、昔から地域に密着した企業も多くあり、都会以外での転職には役立ちます。ハローワークというと、なんだか地味な感じがするとイメージしている方も多いかと思います。思いのほか、良い求人情報も載ってたりもするので、そろそろ勤めている会社を辞めたい場合は、ハローワークへ1度は行ってみるのも良いと思います。大手転職サイトみたいにたくさんの電話・メールが頻繁に送られてくる心配もありません。

  • 詐欺|新たな職場にてそれまでのスキル・キャリア生かすことができれば・・

  • 新たな仕事でこれまでに培われてきたスキル・キャリア生かすことができれば、即戦力として仕事を任してもらえ、早々に職場にも馴染めるようになるでしょう。いい人を求人している会社側も、大いに助かると言うものです。タイミングさえうまくいけば、難なく採用されるでしょう。しかも、過去の仕事と似た内容であれば確率はおおいにあります。でも、即戦力となるスキルがあったとしても一流企業の事務系の仕事や、公務員などは、時代や景気に左右されることなく中々の競争率となるのは違いないでしょう。