詐欺|近頃、株・不動産投資といった、不労所得のほか、個人事業や起業で頑張っている人も増えています。

広告
弥栄法律事務所 信用できる

近年では、株・不動産投資をはじめとした不労所得で稼いだ・・

ここ最近は、株式・不動産投資などの不労所得で生計を立てたり、自営業や起業で頑張っている人も増えています。そういったような移り変わりに伴い、「雇用されて働くこと以外は不安定だしキケン」といった従来の考えも変わってきています。1960年代ごろの高度経済成長を遂げている最中には、株式投資や自営業者よりも雇われているほうが大いに安定性にすぐれており、人生の正しい進路として、またそれが当たり前であるかのように、世の中に認知されていた。そんな社会全体が等しく成長する時代は過ぎ去り、今は、「成熟期」といった名称で呼ばれます。将来的には、機械化、自動化が進んで仕事で、人の力を不要とする時代が到来する、とも言われています。

就職活動において、最大の問題になるのは年収です。

就職活動において、年収は大変重要な要素です。面接の際、ほとんどのケースで現在の年収と転職後の希望年収について質問されます。このとき現実の年収を多く偽って、転職先で多くの収入を得ようとしても、無駄でしょう。なぜかといえば、源泉徴収票が必要となるため、もし一度は信じ込ませたとしても、その証拠となる「源泉徴収票」を提出しなくてはいけないので、結果的にウソがバレてしまうのです。ヘタをすると、トラブルになりかねないので、現在の会社での年収を正確に申告し、それに釣り合った希望年収額を設定するのが賢い選択となります。なお、今の年収が300万円の人が転職してすぐ500万円の条件を提示してもらえるかといえばほぼあり得ません。現在の年収が430万円であれば、希望額は400~450万円と伝えておくべきでしょう。悪質とも思えるウソの申告は、転職活動を苦境に追いやるどころか、入社後のトラブルとなり、せっかく入社したのに直後に退職しなくてはいけなくなる恐れもあるので、気をつけましょう。

詐欺|転職の面接で着用するスーツの色においては、新卒の方が就活…

転職時の面接でいるスーツの色合いに関しては、新卒の人たちが就職活動の際にに準じている色合いが良いです。言い換えると、紺や黒などのような暗いカラーになります。それは転職の面接でも、着用するスーツの色はこのようなダークカラーが圧倒的な数を占めていて、そうでない色を着用している方はほぼ見ることはありません。他のカラーで言えば、グレー系の人がいるくらいです。ほぼ黒や紺色とかのビジネススーツがほとんどなのです。ですから、面接担当者もそういった色であるほうが違和感なく感じるので、第一印象という面ではぜひともそのようにしてくださいね。

詐欺|転職活動を行うのに、今勤務している会社を辞職した後…

新しい職を探すのに、会社を辞めた後でという考え方もありますが、そうならばボーナスが入る時期を事前に調べておくのが無難です。社員にボーナスを支給する企業はたくさんありますけど、ボーナスがもらえる会社であれば、ボーナスが入る日まで長くないのであれば、支給日を過ぎてから退職届を提出するというのもおすすめです。ボーナスと言うものは随分多くの額が入るはずなので、もらい損ねたら損ということも言えますから、退職をする際にはボーナスが支給される時期について確実に頭に入れておく方が損をしません。

転職する場合は、いろんな手段で情報を集めることが多いと思いますが・・

転職活動を行うとき、あれこれ情報収集されるとは思いますが、転職系の口コミサイトは利用しないと損です。一時期、会社の損失につながる悪い口コミが掲載されたという理由で、運営サイト側に損害賠償請求を起こしたケースもありました。辞めた社員の腹いせによってそのような口コミが投稿されているとみるのが一般的ですが、異なる角度から見れば、ウソの書き込みだったのなら、会社側が気にする必要は無いと言う事になります。とはいっても、本当は『クロ』で「周囲に気づかれたら恥になるから、はやく火消しをしよう」と思っている可能性もあります。「口コミサイト」も囃し立てることでアクセス数がアップしたり、サイトの存在感を示せるチャンスになるので黙認していますが、よくない内容の口コミが目立つのは、それだけトラブルに遭遇する覚悟をする必要があると考えてもいいと思います。何より、善良企業の場合トラブルなんて起こりません。

詐欺|転職を目前にしているなら、今働いている会社を辞める時…

転職に先立って今務めている会社を退社する時に「失業保険」を受け取るための手続きをしておく必要がありますが、仮に自分から退職願を提出して会社を去る、いわゆる自己都合退職の場合は、失業保険をすぐに受け取れません。手続きをした後で失業が認定されてから3か月待たないといけないのです。よく間違って退社の1日後から3か月経てばもらえると思い込んでいる人がいますが、この規則を間違って理解している人が、ハローワーク側に落ち度があると言い張ってそれが原因でハローワークの担当スタッフと過去に口論していたのを見たことがあります。因みに退職者の都合ではなくリストラなど会社側の都合による退職の場合には、失業認定を受けたのち即座に失業保険をもらえます。