転職サイトは、大手企業が運営しているものであるほど掲載される会社も多いので、…

転職サイトは、大手であるほど多数の求人情報がが掲載されているため・・

  • 転職サイトは有名なサイトの方が豊富な量の求人情報が掲載されているため、2~3社程度、とりあえずは転職サイトに登録して、年収などの条件にあらかじめを入れておき、次に自動で案件の連絡が入るようにしておくと情報が集めやすいです。ただ、初めだけは登録するのにかなり手間がかかるので、登録前に履歴書と職務経歴書をきちんと準備し、さらにそれらをテキストファイル化しておき、コピー&ペーストしつつ登録していくと手間が省けて便利です。登録する初日は、多少時間がかかることから、案件の検索と応募も大変に感じるかもしれません。しかし、次回以降は、新着情報だけ確認すれば良いので、後のことを考えれば、最初の準備に手を抜かないことを心がけるのが賢明です。
  • 今日、インターネット上では、「就職斡旋エージェント」・・

  • 近頃はネット上では、「就職斡旋エージェント」以外にも、「ヘッドハンティング」を専門に行う会社も増えています。あなたに特許権取得の経験があるなら、連絡が来やすくなります。ヘッドハンティングを行う会社は、特許を取った人に加えて、研究開発で論文を発表したことのある人や、テレビをはじめとするマスメディアで話題になった人など、何らかの業績を残したと思われる人をターゲットに電話やメールで近寄ってきて、ヘッドハンティングのための理由にしています。会社に在籍中に、ヘッドハンティングに関する勧誘をされた際には、そのような心当たりを考えましょう。まれにヘッドハンティング名目で登録料を請求する業者もあるらしいですが、その手の輩はほとんどは嘘であるので気を付けましょう。報酬は登録している会社が払うので転職希望者がお金を支払う必要はありません。
  • かつての私は、職探しをする場合は「転職サイト」より…

  • かつての私は、転職サイトを利用するよりも、主に「ハローワーク」を利用していました。どうしてかというと、大手「転職サイト」は、特性上、都心の求人情報しかないからです。そのために、求人情報をチェックする時は、いつも「ハローワーク」を使っていました。やはり、企業数や、給料などの条件は若干見劣りするのですが、古くから地域に寄り添った企業が多く、都心部以外での転職をするときには重宝します。ですが、「ハローワークって地味な雰囲気がある」とイメージしている方もいるかもしれません。思いのほか、転職サイトには掲載されていない求人があるので、これから転職を希望しているのなら、参考までにハローワークへ1度行ってみることをお勧めします。「転職サイト」みたいに執拗なお知らせやメールの心配も無用です。
  • 再就職した会社でそれまでに培ってきた資格やキャリアを活かすことができれ・・

  • 新しい勤め先で、これまでに身に付けた実力をフル活用できれば、即戦力として仕事をすることができ早々に仕事場にも馴染めるはずです。同時に会社としても、そのような即戦力は常に必要なので、時期さえ問題なければ、難なく採用されるでしょう。しかも、これまでの業務内容と似た業務内容なら転職は非常にカンタンになるでしょう。しかし、ある程度の実力があるといっても一流企業の事務仕事や、公務員系(国家・地方ともに)は時代に関係なく、かなりの難関になる可能性が高いと見ておきましょう。
  • 転職先を探している間は、自分の趣味に時間を使ったり・・

  • 転職期間中には、自分の好きなことに時間を使ったり、体力を損なわない生活をしておくと良いと思います。再就職先が決まり、いざ仕事を始めた時に、趣味に打ち込んでいたことで、知らないうちに集中力が上がります。そしてまた、体力アップしているために、他の社員さんと比較すると疲れない身体になっている、と自覚します。なので、休職中は好きなことに打ち込むことと、体力を低下させないようにしておくのがベストです。勤め先が決まり、その職場のなかで共通の趣味を持つ人と知り合えたのなら、話が盛り上がります。ですから今まで手を出してなかった事にチャレンジするのも転職期間中の時間の有効活用となります。
  • 新卒で入社した会社に別れを告げ、一歩踏み出して転職をしました。

  • 新卒採用で入社した会社を辞め、心を改めて転職を決意しました。実際に転職する前は、想像以上に悩んでばかりでした。しかし、社会人となって数年してから仕事を辞めて、中途採用で働いている人が大多数だと転職活動をしていく中で学びいつの間にか悩みが消え、気が楽になりました。なにより1度、転職したことでふしぎなことに体が軽くなり、「本当に自分のしたいこと」を見付けるのが楽しいものになりました。なかには「仕事を変えるのは良いことじゃない」といった転職を否定する意見もありますが、必ずしも正しいのかなと感じました。私の転職活動は転職を決断して良かったです。