転職活動をしていれば、面接で高い確率で質問されることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

転職活動を行っていて面接において間違いなく尋ねられることとして志望動機と転職理由の2つがあげられます。

  • 転職活動をしていれば、「志望動機」「転職理由」の2点は例外なく質問されます。このうち志望動機に限っては、心で思っていることをそのまま伝えてもOKですが、これと違って転職理由についてありのままに伝えるのはよくありません。例をあげれば給与の不満、上司や同僚との人間関係など聞き手があなたに良い印象を持ってくれる可能性は少ないです。自分の得にならないことをストレートに話す人は極めて稀だと思いますが、採用担当者はそのような部分に注目しやすいので、慎重にあなたへ「探り」を入れてきます。これに対抗して現職の不満を相手に言わないためには、現職の業務内容以外を一切話さないことです。さらに、この企業に入社してこんなことを実現したい、「5年先はこういったことをしているだろう」、その希望が叶うのは御社しかありません、とうまく話をすり替えましょう。

    詐欺|再就職の面接などの場面でもし面接担当者に名刺を差し出された場合、…

  • 再就職の面接などにおいて面接担当者に名刺を差し出されたとしたら、あなたも同様に名刺を渡す必要があるのかどうかと迷った場合は、一般的には差し出さないもの、と考えておいてください。面接においては仕事の一部ではなく、仕事を得るための採用活動の一部なので、大体の場合は名刺をやりとりする時間ではありません。重ねて、あなたは会社の人として出向いているのではなく、あなた個人の問題でそこにいるわけです。要するに、もしも相手側から名刺を渡されても、こちらとしては名刺をもらうだけでよくて、面接担当者に相手側に渡す必要はないと考えられます。

    数年前は求人情報には、雇用主が必要とする「性別」について…

  • 何年か前までは求人情報に雇用側の希望する「性別」が当然のように書かれていました。しかしながら今現在では、1985年に男女雇用機会均等法が成立した影響もあり、男女の求人や、採用での差別をあってはならないルールが決まり、募集要項内に男女の性別を記載しないようになりました。そういった時代になったのですが、求人側は、男女どっちでも等しく採用するとは限りません。ですので、実は男手が欲しい案件に、女性が募集にやってきたり、逆に女手が欲しいのに、男性が応募してきたり、といった感じのトラブルが多々発生しています。仮に、「女性が活躍する職場です」と紹介されていたら、雇用側が「女性」を必要としている、と考えると良いでしょう。

    派遣会社に登録して仕事をしています。

  • 今、私は派遣会社を通じて働いています。サイトの中で気になる仕事を探して問い合わせを行ってみると「残念ながらその仕事は、他の人でお話が進んでいます」と断られてしまい瞬間的にサイトから仕事の情報が消滅するのですが、なぜか翌日にそのページを見るともう一度載っています。それって要するに私ではダメっていう意味ですよね。それであるならば変に隠さないくらいに正直に言ってくれるといいのですが、そうするのは難しいのでしょう。あるいはまた客寄せのための架空の仕事を載せているのでしょうか?

    詐欺|2,3ヶ月まえに、転職をやっとしたばかりだというのに、…

  • この前、転職したばかりなのに、慣れもしないあいだに辞めてしまう人というのも思いの外少なくないのです。何故かと思うとおそらく転職先の仕事環境を見つけたというのに、「自分の期待していた仕事とかなりギャップがあって幻滅した」「会社のルールに慣れなかった」という原因で退職を決意するみたいです。可能ならばこのような、転職における失敗を避けるためにはとにかく事前の情報収集を欠かせません。手を抜くことなく、徹底して行うべきなのです。職場内の環境、職場独自のルール、給与体系、などあれこれ前もってチェックしておくことで転職における失敗は大きく減らせるはずです。

    近い将来、私たちの社会的環境においてぐんぐんと簡単な作…

  • 今後、私たちの社会的環境において着々と短絡的な作業は機械に変えられてその切り替えによってマンパワーは少なからずカットされていきます。なぜなら、簡単な作業は人間が作業するよりも機械で作業するほうが比べられないほどすぐれているからです。例えば、数を数えたり同じ動きをずっと繰り返すのは機械には何の苦もありません。もちろん人間とは違って文句も言わず、疲れないし、ズルもしないし、正確な作業をしてくれますし、均一化できるのも魅力です。さらに、人と違って報酬を渡す必要もありません。こういった点から、人を使う理由が無いので機械に移行していくのも自然といえます。